重要文化財 岩屋熊野座神社 鳥居

岩屋熊野座神社は、人吉城の南方に位置している。鎌倉時代以前に草創されたと考えられる。社地の西端に鳥居を構え、長い参道が続き、境内は前面に広場を取って拝殿と覆屋が建っている。
本殿三棟は、いずれも一間社流見世棚造の小型の社殿で、覆屋内部に並んでいる。中央殿と左殿は、構造手法や様式から見て天正年間の建立と推定される。右殿は、拝殿や覆屋などとともに、享保12年(1727)の建立と考えられる。鳥居は石造の両部鳥居は、元禄14年(1701)の建立である。
岩屋熊野座神社は、三棟の本殿を覆屋内におさめた独特の構成になり、これを中心に社殿がまとまって残り、高い価値がある。
とくに本殿の細部は地方的特色を強くあらわし、九州地方における中世に遡る神社本殿の意匠、技法を知る上で貴重である。