伊藤常足旧邸(福岡県指定史跡)

伊藤常足旧邸(福岡県指定史跡)

天明6(1786)年11月、国学者伊藤常足が13歳の時に建てられたものです。平成元~2年、ふるさと創生事業によって整備するまでの間、数回の増改築が行われていましたが、残されていた屋敷図などをもとに復元が行われました。神職の家ではありますが、一般的な農家の構えで、広い土間、牛舎も付設されていました。