三井三池旧万田坑

三井三池旧万田坑

熊本県荒尾市にある、「三池炭鉱旧万田坑施設」です。第二竪坑・ヤグラ、巻揚機室、倉庫およびポンプ室、安全燈室および浴室、事務所、山ノ神祭祀施設などが保存されています。これらは、わが国の近代化に大きな役割を果たした三池炭鉱に現存する明治・大正期における最大級の施設であり、当時の優れた炭鉱の技術を伝えているため、平成10年(1998)5 月1日、国の重要文化財に指定されました。(荒尾市HP参照) 2008年に日本政府が世界文化遺産暫定一覧表に記載する事を決定2009年にはユネスコ世界文化遺産暫定リストに記載されました。